「夜中のトイレの不安が消えた」 
夜中に2回は起きてトイレに行きますので、あまり良く眠れませんでした。
その事を先生に話したら、「湯たんぽを太ももの下に置いて、水分を取り過ぎないで眠るといいですよ」と教えてくれました。
私はお茶を良く飲んでいました。
「湯のみを小さくすると意外といいですよ」とさらに教えて頂いて実行したところ、ほんとうに夜中にトイレに起きなくなりました!
「レッグウォーマーを足にパジャマがずり上がらないように」と「手首ウォーマーをそでの所から風が入らないように」と教えて頂いて、なお一層深く眠れるように
なりました。感謝です。
(草加市/上松さん/82歳女性)

「ボーリングをすると足のつけ根が痛い」
最近、健康ボーリング教室に通い、週1回行っています。
3ゲーム目になると、痛くなってきて、整形外科に行っても「歳だから」と言われるだけで困っていました。
その事を話しましたら、先生が前に使っていた「骨盤ベルト」を貸してくださって、それをしてボーリングをしましたら痛くなりませんでした。
こんな事くらいで良くなるなんてビックリです。
あとは、ふくらはぎや太もも、足裏のシコリを押圧して頂いて、楽しくボーリングをやれています。
(草加市/山崎さん/80歳女性)

「転倒・打撲のあとに」 
先日、孫の手を引いて歩いていたら、何故かしら転び、右ひざを強く打ってしまいました。
病院で診てもらうと、骨に異常なし、とのことで一安心。
しかし、ひざが赤く腫れ、内出血も。
3日くらいで腫れは引きましたが、内出血が足首まで広がってきました。
ここで以前、腫れが引いて熱がなければ、マッサージを受けても良いと聞いたことを思い出し、1週間後にマッサージを受けました。
ぶつけたところは触れず、内出血しているところは力を加減してもらいながら、マッサージを受けると、痛みもなく、足全体が軽くなりました。
内出血のあとが引けるまで、こまめに通いたいと思います。
(60代女性)

「ゴルフでの背中の痛み解消」
よく友人たちとゴルフに行きます。
この頃、ゴルフの後に背中につるような痛みが出るようになりました。
自然治療所でマッサージしてもらったところ、痛みが消え、背中全体が軽くなりました。
マッサージの際、背中だけでなく、腰、お尻、太ももの裏など、体の後面がかたい、と指摘されました。
ゴルフの前後に充分な準備体操やストレッチをするようにしました。
(70代男性)

「肩を冷やさない」
地域のサークルに参加して、週に5回ラジオ体操をしています。
しかし、このところ右肩に痛みが出るようになってしまいました。
自然治療所さんでマッサージしてもらったところ、首や肩や肩甲骨まわりをほぐしてもらい、右肩が楽になりました。
痛みの原因のひとつは、肩を冷やしてしまっているのではないか、と言われ、以後、体操の後でも肩を冷やさないように気を付けています。
(70代女性)

「足の裏もみで太ももやふくらはぎの張りが消えた」 
私は歩くのが好きで毎日4~5km歩きます。最近は足に疲れが溜まるようになり、トレーニングで筋肉を鍛えるのではなく、体の根本からメンテナンスができるものがないか探っていた時に出合ったのが「足の裏もみ」でした。
先生に教えてもらい、寝る前に5分ほどやると、足がスッキリして軽くなって熟睡できました。
そして長い距離を歩いても疲れなくなり、ひざの違和感もなくなりました。
(草加市/佐藤さん/60歳女性)

「足の裏もみで職業病の肩こりも腰痛も軽快」
足の裏もみをやるようになってから、ギックリ腰のクセがなくなった事に気づきました。
ギックリ腰はなる前から痛みやギスギスした違和感が生じ、「近いうちになりそう」と思っているうちに、防ぎようもなく「ギックリ」といってしまうのです。
ところが最近は、いつの間にか痛みが消えているのです。
私はデスクワークですから、肩こりもひどかったのですが、気がついたらそれもなくなっていました。
(草加市/多田さん/59歳男性)

「逆流性食道炎」
私はストレスが積み重なると、アトピー性皮膚炎が悪化します。
しかし、足の裏もみをすると、心が安らかになり、ストレスも消えていきます。
子供の頃から全身にあり、闘いながら生きてきた私にとって、とてもありがたいことです。
先生が言うには、足をもむとストレス反応の中核である脳の視床下部にも刺激が及び、
その働きが正常化するためリラックスして眠くなるのだそうです。
ですから、ストレスの多い人は、足の裏もみを習慣にすると、心身の不調の改善に繋がる
のだそうです。
(八潮市/伊藤さん/50歳男性)

「腕が痛い」 
物を持つ時「二の腕」が痛い。
別に五十肩ではなく、上にあがるし、後ろにも動く。
でも横向きになって腕をまわされると、すごくまわりにくく痛い。
楽にする方法として、腕を押す、叩く、伸ばす、ダンベルを持ってまわす様にすると良いと言われました。
ゴルフをやっているので、治療所で良くほぐれる様にしてもらい、自分でも頑張ってゴルフに行きます。
(川口市/海老原さん/73歳女性)

「水分の摂りすぎ」
「水分を摂ることが体にいい」とよく聞くので飲んでいたのですが、私には「足のむくみ」があります。
むくむ人は水を出す「力」が弱いから、水は「かむように」飲むと細胞に入っていっていいと、「グー」と飲むと一気に下半身に行ってしまい、足にたまりやすくなるので気をつけてと言われて、そして、食べ物を「良くかむ」ことで治療所のスタッフが3ヶ月で7kg痩せて楽になったそうです。
私も見習って痩せよう!
(草加市/佐々木さん/60歳女性)

「逆流性食道炎」
私はお医者さんに薬をもらって飲んでいるのですが、自分でもできる方法を教わりました。
やっぱり食べすぎをしない事、内臓に脂肪をつけない食物をとる事、姿勢が悪い背中が丸いと胃が圧迫されてなる事、寝る前に食べない事、よくかんでゆっくり食べる事、食べてすぐ横にならない事、太らない事、など色々ありますが、正しい生活を習慣づけるようにします。
(草加市/清水さん/64歳女性)

「台風の日はつらかった」 
台風の前の日から当日にかけて、頭が痛くなり動けなくなります。
でも、治療をしてもらうようになって、ずいぶん軽くなりました。
自律神経がしっかりしてきたのか、落ち込まなくなり、快復が早くなりました。
又、息子が食事の用意をして「お母さん食べて」と言ってくれます。
それがとてもうれしく「どんどん大人になっていくわねぇ」と感心しています。
もっともっと良くなる様に、お世話になろうと思います。
(東京都/大黒さん/53歳女性)

「夏から秋にかけての温度差で」
80才になってから、とくに気温の変化がこたえる様になりました。
めまいがしたりして、病院に行ってもなかなか良くなりません。
その事を先生に話したら、血液循環療法におなかの治療法があるということで、してもらいました。
固いしこりがいくつかあったり、張っていたりした所が、足裏から押しておなかをゆるめ、おなかを直接押してゆるめて、張りや痛みがなくなったらめまいがおさまり、胃の調子も良くなりました。
血液循環療法ってすごいですね!!
(草加市/黒川さん/80歳女性)

「台風のあとの農業は大変」
せっかく植えた野菜が飛び、ハウスが飛び、停電になり大変でした。
運がよく、翌日には電気がつき、井戸があったので水も困らず、さらに翌日に治療に来れました。
座骨神経があり、ひざ痛、五十肩と体全部がいかれております。
いつもは足湯、岩盤浴、治療90分なのですが、治療120分掛かりました。
おかげで、ずいぶん楽になりました。
私の家の近くにもマッサージ屋さんはたくさんあるのですが、こんなに丁寧に痛みやコリを取ってくれる所がないのです。
2時間かけてココまで来ますが、ほんとに来て良かったと思える所です。
(千葉県/内田さん/64歳女性)