「3月の温度差はつらい」
なんとなくだるい、なんとなく頭がおもい、なんとなく体が痛い、毎年こんな感じになる。
マッサージの予約をしても、キャンセルすることになる。
でも、マッサージをしてもらうと、しばらく楽になる。
足をあたためて、できるだけリラックスできるようにして、食事もよく噛み、食べ過ぎないようにして、日々過ごしている。
週に2回ほどのマッサージを楽しみにしている。
(草加市/黒田さん/80才女性)

「重度の疲れがとれる」
歯医者をしています。
同じ姿勢のせいか、首がつらく頭が痛くなる。
この前、むずかしいお客様が来て、2時間も対応することになり、倒れそうになってしまいました。
マッサージをしてもらいながら、いろいろな話も聞いてもらい、その件の応対方法を教えてくれて「スタッフにも助けてもらうといいですよ」と心も軽くしてくれる先生です。
何でも話せて頼りになる方です。
マッサージは最高です。
(足立区/ゆうきさん/47才女性)

「年に1回、日本に帰ってきます」
私はニューヨークで外人の夫と生きています。
その夫と1年に1回帰ってきて、マッサージを受けるのが楽しみです。
夫も喜んでいます。
日本にいる時は、何回も治療所にきて、歩きつかれた足を足湯で温め、90分コースで足から頭までしっかりほぐしてもらい、また翌日色々な所へ行く事ができます。
治療所は4月14日で29年目になるそうです。
コロナで大変な時ですが「お客様は変わりなく来てくださる」と言っていました。
これからもがんばって、ずうっとやっててほしいです。
(ニューヨーク/田中さん/50才女性)

「昼も夜も仕事でがんばりたい」
友達の紹介で来てみた。
全身を今までしっかりやったことがなかった。
治療所には、仕事で関係している人が27年来ていた。
いつも「マッサージ行ってくるんだ」と楽しそうに言っていた。
その人は女先生のファンのようだ。
顔を見ると元気になると言っていた。
たしかに明るく話し、笑う先生だ。
ていねいに押圧をして、色々教えてくれる。
私も、これからのために、体のケアを続けていきたいと思う。
(草加市/横井さん/49才女性)

「腰がつらい」
会社の社長の車に乗せられて治療所に来ました。
腰が痛いので仕事を休んだのです。
社長は17年前から週1回来ているそうです。
だから社長はいつも元気です(75才)。
90分しっかり押圧してもらったら楽になり、翌日には仕事に戻れました。
社長には「週2回やってもらうといい」と言われましたが、週1回90分コースで、
体の疲れをとって、70才を超えても仕事が続けられるように、先生にお世話になります。
(足立区/鳥谷部さん/62才男性)

「首まわりが固い」
看護助手をしています。
看護婦になるための勉強をしています。
同じ職場の人に紹介をしてもらって来ました。
「食事の内容がいいですね」と先生にほめられました。
「冷え性チェック」の当てはまるものに”○”をつけるのですが、足のむくみと、肌がカサカサ・ザラザラする、の2つだけでした。
水の飲み方で「噛むように飲むとむくみにいいですよ」「足裏でゴルフボールを踏んで下さい」と教えて頂き、マッサージが終わった後「こんなに体が軽くなるんだ、すごい。」と思いました。
これから、心身共に元気でいられるように通いたいと思います。
友達に感謝です。
(草加市/室伏さん/41才女性)

△ ページ上部に戻る